信州   安曇野English

わさびについて

植物の学名はWasabia japonica(ワサビアジャポニカ)もしくEutrema japonicaといいます。日本原産の香辛料(ハーブ)です。
ワサビの最古の史料は奈良県明日香村の飛鳥古墳から出土した685年に書かれたと思われる木簡で、奈良時代には土地の名産品として納付され薬用として使用されていました。室町時代にはすでに現代と同じ薬味としての利用が確立されていたそうです。江戸時代に入るとワサビの食中毒予防効果(殺菌力)とお寿司との絶妙な相性とお蕎麦との普及とあわせ広く一般に普及・浸透していきました。
現在は世界的な和食ブームと共にヨーロッパ、アメリカ、アジア各地のレストランでも使用され、日本原産の名脇役Wasabiは世界デビューを果たしています。
水によって味が変わる山葵。すりおろした時の色は淡く、美しい。正に日本を代表する自然の風味であることは、今も昔もこれからも変わることは無いでしょう。

安曇野わさびを知る

安曇野わさびの歴史と起源

安曇野市一帯は、北アルプスの雪解け水が伏流水となり、安曇野市穂高、明科、豊科地区で湧き出して……

安曇野わさびの生産の方法

湧水による平地式水栽培 安曇野わさびは、北アルプスからの豊富な湧水を使用して、安曇野でしか……

安曇野わさびの特性

長野県安曇野市は日本有数のわさびの名産地です。この一帯は、北アルプスの雪解け水が安曇野の扇状地に……

知って得する 安曇野わさびの豆知識

保存方法

根茎の部分を湿らせたキッチンペーパーで包み密閉袋に入れ冷蔵庫で保存。キッチンペーパーが乾いてきた……

おいしいわさびのおろし方

わさびの根茎先端は細胞が古く、上部(茎に近い方)は細胞が新しく新鮮なので、軟らかく、香りが良く、……

Copyright© 2018 Wasabiya Yuu All Rights Reserved.